プロフィール

廣津留 真理(ひろつる まり)

profile株式会社Dirigo代表取締役
一般社団法人Summer in JAPAN代表理事

フリーランスとして英語とフランス語の翻訳業務をこなす傍ら、大分市内と東京都内で幼児から大学受験生までを対象としたスクールを運営。独自のメソッド「ひろつるメソッド」を確立。これまでに英語を教えた生徒は約3000人にのぼる。

たった週1回75分のレッスンで、小さいお子さまを含めだれでも約1年間でゼロから英検3級(中3過程終了)以上の範囲を終了するひろつるメソッド®は、汎用性が高く、スピード感のある授業を好む層からの圧倒的な支持を得ている。また、週1回のレッスンで、「従来の受験対策英語」ではなく、読む・聞く・書く・話す、の4技能を高いレベルで鍛えることで難関大学合格レベルを超えた英語力が身に付く。徹底的に無駄を省くのは、お子さまの好き・得意を伸ばす時間をつくってもらいたいとの思いから。確実に結果を導く独自の子ども向けの教育手法には定評がある。

2013年に、ハーバード大学の学生と共に英語ライティング・プレゼンテーションスキルの向上を目的とした「Summer in JAPAN」(サマー・イン・ジャパン)を設立。毎年夏、大分市に米国ハーバード大学の学生を招聘、英語力と英語を用いたワークショップを開催し、その抜群の効果が大きな反響を呼んでいる。

第2回2014年は11名のハーバード大学生が来日、2015年第3回Summer in JAPAN(SIJ)ではハーバード生8名、20名以上のスタッフやアシスタントと共に、世界5カ国から集まった7歳から20歳の約65名の子どもたちに1週間に渡る「ライティング」中心の英語基礎集中ワークショップとともに、4つの専門コース「ビジュアルアーツ」「パフォーミングアーツ」「アカデミックライティング」「プレゼンテーションスキル」を実施した。現在、2016年夏の第4回SIJ実施に向けて活動している。

ただの英語スクールではなく、国語力と教養を鍛えることが基本という考え方のもと、家庭環境と社会経験の大切さを保護者に語りかける。受験だけではなく社会に出ても活躍できる人材の育成を目指す。

早稲田大学卒、高等学校教諭免許状(英語)有り。大分県教員採用試験(高校英語)に1回で合格。大分県在住。

メルマガを購読しませんか?

ジュリアード@NYからの手紙