ハーバード大学学長より新入生へのメッセージ

We already know that when it comes to succeeding, you are all experts.
But your four years here are going to give you a whole new sense of what success means.
One of the reasons why you are here is that we recognized your capacity for leaving your comfort zones.
(ハーバード大学学長Drew Faust)

Our goal is to make you alert to the human and natural worlds, and to prompt you to be self-critical, creative, and analytical.
We hope your assumptions will be uncomfortably challenged.
We hope you’ll feel unsettled by your encounters with different cultures, different traditions, and new ideas, and we expect you to be curious about it.
(college dean,E Hammonds)
Freshman Convocationにて  以上Harvard Gazetteより抜粋

(かなりざっくり要約)
新入生のみなさん、あなたがたがどんなに優秀でも、これまでの成功物語は全てチャラです。
これからは世界中の異なる文化や思想と出会い、必ず対立したり不快な思いを経験したり、むかついたりします。
それを糧としてさらなる前進をしましょう。殻を破りましょう。
安定、にろくなことはありません。自ら進んでリスクを取ることで成功していきましょう。

というわけで、Faust学長おすすめ本はこちら、「Being Wrong」です。
Being Wrong: Adventures in the Margin of Error(アマゾン.com)

間違ってもいいじゃないの、というか、むしろ間違うことができなければ成長はない!というか、間違いにしか成功へのヒントはない!、
といった感じでしょうか。私はこれから読むところです。

Posted in ブログ

メルマガを購読しませんか?

ジュリアード@NYからの手紙