海外大学入試のよくある勘違いベスト5

次の文章1〜5は全て誤りです。どこが間違っているのか探してみましょう。

1.日本のセンター試験の代わりにアメリカではSATという試験がまずあり、そこをまず高得点でクリアして、次に各大学個別の2次試験がある。
  
2.「海外併願入試」という、日本の大学と海外の大学を同時に受験できる制度があるらしい。

3.高校卒業後にアメリカの大学に入るには、まず専門の留学業者の選定からである。

4.アメリカの大学は入るのは簡単だが、卒業は難しい。

5.私は大分の高校生。アメリカの大学に行きたいけど学費がめっちゃ高そうだし、併願も考えたけど、アメリカの大学入試対策まで手がまわらないし。。。で、高校主催の「キャンパスツアー」で行った東京の「難関」私大に行くつもり。その方がぜんぜん安いし親孝行!

答えはこちらまでお問い合わせください。

ハーバード生と学ぶ夏期集中英語セミナー、受付中!

Posted in お知らせ, ブログ, メールマガジン