これからの高校生像〜次世代のリーダー、早わかりリスト!

高校生の閉塞感を打ち破る、画期的なプログラムは日本全国に増殖中です!

Summer in JAPAN 2013 は大分市で開催される7歳から18歳のこどもたちのための夏のイベントですが、その他の「未来のリーダーを育てる高校生のための教育」の場をご紹介します。特に、地方都市で、長期休暇中も、家⇒学校⇒塾⇒家、の生活をしている生徒さん、ぜひリンク先をのぞいてみてください!

カタリバーーー高校生の心に”火を灯す”授業
「自分らしい進路」を求められる今の時代。
家と学校の往復の毎日の中から、「自分らしい未来」を
イメージするのって難しいですよね。

H-LAB ーーー 高校生を取り巻く高い壁、「ボーダー」の具体例としては、同世代との接点、大学生との接点、社会人との接点の欠落や、こうした交流の欠落が生み出す大学や専攻の情報や、課外活動や留学等の機会と情報、さらにはキャリアなどに関する情報不足が挙げられる。

GAKKO ーーー We believe that the historical relationship between student and teacher – the student as a passive, uncritical learner and the teacher as an expert authority – has hindered education and the way forward is to transcend those roles. If we want education to empower and inspire people, students and teachers can no longer be opposites: teachers must learn from students just as student learn from teachers.

ブラウンの熊たちーーー 
自分の殻を破る為には「居心地の良い」場所を飛び出さなければいけない。
「僕/私には無理だよ。」そんな考えは捨ててしまおう。
君自身の目標の為なら、君自身の人生の為なら、頑張れるんじゃない?

日本の教育現場は、いま、こんなにホットです!この波に乗るなら、「今」です!

ハーバード生と学ぶ夏期集中英語セミナー、受付中!

カテゴリー: お知らせ, ブログ, メールマガジン

メルマガを購読しませんか?

ジュリアード@NYからの手紙