これからの就活〜今の教育で就活のグローバル化に対応できるか

先日、NHKで「日本新生〜国際人がニッポンを救う」という番組がありました。
私がセミナーで申し上げている通り、
「現状維持が最大のリスク」
という時代です。

小中高時代も「塾」で勉強するので「学校」は邪魔でした。
大学に入ると、就活やバイトで「授業」が邪魔です。

こんな2重構造はよくありません。日本もまじめに教育改革に取り組むべき時です。

さて、今年も日英バイリンガルの学生のための就活イベント、ボストンキャリアフォーラムが開かれました。

名だたる企業や官庁がボストンにやってきて、留学生、バイリンガルは引く手数多、といったところです。

みなさん、この時代に追いついていますか?

その日本独特の「受験英語」で大丈夫ですか?

カテゴリー: ブログ

メルマガを購読しませんか?

ジュリアード@NYからの手紙