早期教育、賛成?反対?私はこう思う

早期教育、賛成?反対?私はこう思う〜廣津留真理の子育て応援日記58

Education starts in the home.
教育は家庭から、ですので、家庭で子どもと知的作業をすることを早期教育と呼ぶとすれば、私は家庭での早い時期からの教育の導入に賛成です。
ただし、ここでいう早期教育とは、プリントをこなすことではありません。

早期教育の目的は、

我が子にいつまでも幸せな生活を過ごしてほしい、という親心からくる、精一杯の安全策です。

孫の代まで有り余る財産がなくても、
近未来を予見できなくても、
高等教育を受けてなくても、

親(またはgardian)ならだれでもやる気さえあればできるのが、

早期教育

です。

メリットは、

1)読み聞かせや語りかけ、母語の読み書きは、子ども自身が情報を取ることができる時期を早め、
自分の興味関心のある分野を発見し、自立した学習習慣が早くできるようになる


2)外国語に抵抗のない時期に母語以外の読み書きを導入することで、母語の100倍以上の情報に触れる機会ができ、子どもの将来にむけての選択肢がひろがる


3)音楽、芸術、スポーツなどのうち、特に早期に始めないとある一定のレベルに達しないものがある


4)日々の生活の中で、「早期教育」と意識せずに子どもに学習習慣をつけ、好奇心を喚起し、学ぶことの楽しさを理解させるのが大切で、それはすべて親が子を想う愛情からのみ可能である


早期教育が子育ての「目的」になってしまったら、それは本末転倒です。

また、押しつけるようなやり方や、罪悪感をもって教えるのも逆効果です。

未来を担う次世代の1人を育てているのだ、という責任とよころびをかみしめて、

本人に羽ばたく翼ができた時には、

そっと、旅立ちの背中をおしてあげましょう。

それでも、一生、親は子どもの一番の、他に代わる者のいないくらい大事なサポート役です。

by  ひろつるまり
ひろつるまりのHPはこちら

大分の英検合格トップ校、Dirigo ブルーマーブル英語教室のお問い合わせはこちら:
4月
5月生募集中!

今年度のワンコイン(500円)セミナー(保護者様とお子さま向け)の様子:
考える力を伸ばす哲学・算数セミナー:
ご家庭でのサポート方法は保護者セミナー:
週末のお出かけ情報:
国内で安心・安全ハーバード生が講師の国内留学キャンプはこちら:

カテゴリー: ブログ, メールマガジン, 子育てのヒント, 子育て応援日記

メルマガを購読しませんか?

ジュリアード@NYからの手紙