本日新聞一面に掲載「親の習慣ベスト45」に見る「新できる子」の特徴

大分合同新聞一面のコラム “東西南北” 、
今朝10月29日は、拙著「世界トップ1%に育てる親の習慣ベスト45(幻冬舎) 」を語ってくださっています。

ありがとうございます。

ご紹介いただいた内容は、

時代の変遷に伴い、

子育てや家庭教育が大きく変わる、というもの。

世界トップ1%に育てる親の習慣ベスト45(幻冬舎) 」では、

生活編 学習編 英語編の3つに分けて、家庭でのマネージメントを細かく解説。

旧式の子育てでは、マネージメントらしきものは

・送迎

・プリント整理

・5教科(国・英・数・理・社)の受験準備

などでしたが、

これからの “できる子”は、

・成長性

・積極性

・かわいげ

の3つの基本プラス

・1万時間費やした、得意分野を一つ

・得意分野に囚われない広い視野

の5点セット。

冬休み前に、

ご家庭の、経営理念、

いえ、教育理念を、
大きな視点から今一度見つめ直し、再発見してはいかがでしょうか。

巻末には、子育てにぴったりの読書リスト30冊を付けました。

ママには、分かりやすい経済や哲学書、

パパには、幼児教育の理念、

共通に、習い事や英語上達、

この3つのカテゴリーに並んでいます。

ぜひ、ご覧ください。

 

by 廣津留 真理
(一般社団法人 Summer in JAPAN代表理事、ブルーマーブル英語教室主宰)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

7月の最新刊、7月の最新刊「世界のトップ1%に育てる親の習慣ベスト 45」(7月26日 幻冬舎刊)
親の教育理念、コンサル力が問われる時代。問題をスイスイ解決できる「肉食系の子ども」の育て方!これからの入試・英検・ TOEFLに完全対応〜英作文の極意も伝授!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

家庭学

早くも第6刷!英語で一流を育てる 小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める(廣津留真理著 ダイヤモンド社 5月24日発売)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

家庭学習全般のやり方はこちらの本をご参照ください!これで万全、2020年の家庭学習!
世界に通用する一流の育て方 地方公立校から<塾なしで>ハーバードに現役合格
廣津留真理 著 絶賛発売中

書影

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
無料動画で3分ビデオ英語学習!

英語4技能がすぐに身につく、話題の「シャドーイング」って何?第10話

 

ホームパーティー part2 音楽好きな子に育てる 廣津留真理チャンネル第9話

 

ホームパーティーを気軽にひらこう part1 料理編

目からウロコ!1冊で3度楽しめる英語絵本の使い方

 

『世界共通のコミュ力「かわいげ」はいますぐ子どもに教えましょう』の動画はこちら:
「かわいげ」は世界トップが大切にする基本コミュ力

 

SIJハーバード生が挑戦!お題「3分で準備して自由に発表してください

 

バード生2名が伝授!笑顔の効果的な使い方

 

 

とてもわかりやすい夏休みの作文の書き方4分動画はこちら:
自分しか知らない体験のすごさ〜英語で一流を育てるシリーズ2Mari Hirotsuru

アマゾンで「英語で一流を育てる」を購入

ブルーマーブル英語教室

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Dirigo ブルーマーブル英語教室
お問い合わせはこちらまで:無料体験レッスンお申し込み・お問い合わせ

 

ダイヤモンドオンライン連載!廣津留真理の英語と子育て記事「英語で一流を育てる」記事一覧はこちら:英語で一流


第1回 英語ミニマリスト宣言!文法・和訳・書き取りの3つを断捨離したら小学生でも大学入試レベルが読める!
第2回 語学は教科書では習得できない!だから2歳から家庭で「〇〇〇〇」
第3回 子どもに英語を ABCから教えても上達しない理由
第4回    1歳の娘を置いてパリに逃げた私の本意とは?
第5回  親も子も1日5分「〇〇」するだけで英語リスニングとスピーキング両方が上達する一石二鳥トレーニング!
第6回 「まさか」を「すごい」に変える「奇跡の英語勉強法」をご存知でしたか?

44回 世界のエリートが最も子どもに教えたいのは「かわいげ」だった!
45回 親よりずっと賢い子に育てるたった1つの方法
46回 誰も教えてくれなかった「佐伯チズ式美肌作り」と「英語学習」の意外な共通点
47回 驚嘆!英語未経験児童が公開レッスン60分後に中3の英文が読めていた理由
48回 ハーバード生が講師のサマースクールを大分県に作ったら、スタンフォード生もジュリアード音楽院生もみんなやってきた理由
50回 英語力もプレゼン力もつく!誰も教えてくれなかった1冊で3度楽しめる英語絵本の使い方

Posted in お知らせ, ブログ, 子育て応援日記

メルマガを購読しませんか?

ジュリアード@NYからの手紙