【オンライン教育時代】得意を伸ばして自分の価値を最大限に高める子どもに育てる方法

2020/5/04 NEWS

Dirigo-20200504

こんにちは、廣津留真理です。

仕事も教育もオンライン化で、格差が広がってきています。

どう対処すればよいか、見ていきましょう。

サービスを提供する側

世界からアクセスできるという事は、
世界との勝負になるので、

勝:世界の同じ業種に太刀打ちできる本当に価値あるオリジナルサービスを継続的に提供できる。

負:平均的価値のモノか、質の落ちた類似品しか売り出せず、次第に相手にされなくなる

サービスを受ける個人

勝:役立つ内容を吟味して選択利用できて、スキルが向上する。

負:良い内容のサービスを選択する努力を怠り、与えられたモノを受け身でやってしまう。

リモートを使う企業やオンライン化の学校

勝:社員や生徒が、オンラインでもオフラインと同じかそれ以上の効果を得られる、結果を出せるオンラインコンテンツとシステム作り。

負:社員や生徒が、画面をただ見てるだけなのかちゃんとやって伸びているのか、管理も評価もできない。やった感のみ。

生き残るビジネス人材の3つのスキル

環境変化、競争激化のビジネスと教育で、有能な人材になりたい、

その際必要なスキルはたったの3つ!

1) 自分が社会に提供できる価値は何かを見極め、最大限に高める

2) 人が喜んでお金を払いたくなるサービスや商品を作る

3) 社会に役立ち、人が喜ぶサービスや商品を広める

参考

あなたの強みを生かす4つのルール 今いる場所で突き抜けろ!(廣津留真理訳 ダイヤモンド社) 

輝く子どもに必要な3つのスキル

そんな人材を育てるために教育がすべきこともたったの3つ、

子どもは、

1) 自分の得意分野を知り、磨き、自分の価値を最大限に高める。

2) 人が喜んで注目する存在になる。

3) 社会に役立ち、人が喜ぶサービスや商品を自分が作る近未来図を描くか、もはや今、作り始める。

変えよう教育

日本では、
「得意分野を極める」代わりに、
全ての科目で満遍なく平均点以上を取る事が勉強の目的になっています。

最終ゴールが受験だからです。

学校というシステムで「注目」される存在は、

トップスポーツ大会や各種全国大会の入賞者か、トップ校に合格した者くらいです。

(かわいい、面白い、は学校的には評価無し)

すると、
トップ入賞者やトップ校合格者は「人が喜ぶサービス提供」の使命感を胸に社会に出ますが、

それ以外の生徒は、「普通の人」として社会を支えて生きるような、空気感があります。
全ての科目を満遍なく平均点以上取ろうとする努力習慣が身につきすぎて、価値観がテストの成績に縛られているのです。

でも、実社会は、学力テスト評価とスポーツ歴だけではない、大人はそれを知りながら、

子どもには現実を隠して平均点勉強を強いています。

こんな矛盾は、もう崩れます。

出来過ぎる科目は飛び級あり、
学年の年齢縛りは廃止、
不得意より得意を伸ばす、
評価をテストだけにしない、
減点式から加点式に、
褒めて伸ばす、
先生は世界中から選び放題、
ギャップイヤー=わざと留年で1年休んで好きなことに専念もあり、
良い教育環境と制度作りにもっと予算出す、

こんな学校はどうですか。

すると、

日本特有の就活、新卒一括採用

の年齢縛り、同期縛りの謎システムも消え去ります。

ディリーゴ英語教室は、飛び級制=無学年制

当校は、開校以来ずっと飛び級制、
学齢無関係に進むから、
小学生でも大学入試英語が学べます。

やればできます、
日本の高校3年生までの英語は超簡単です。

これは、すぐにやるしかないですね!

時に、英語ができすぎ始めると、
「これ以上の英語は不要だから英語の時間を苦手科目の克服に当てたい」
と親御さんが申し出るケースがあります。

いえいえ、

得意は究極まで伸ばして当たり前なんです。

得意を止めないでください。

たとえそれが何であっても、子どもが得意をドンドン伸ばすことは、自己成長につながる大切なステップです。

自己肯定感が下がる親の発言例

よくある親の悪い発想の例を見ていきます。

例1:ひろつる式英語で、英語がグンと伸びる

英語の時間を他の不得意科目に使いたくなる。
将来留学するわけじゃないからこれで充分。

例2:ピアノを習わせていて、面白くなり上手になり始める

勉強の妨げになる。
将来ピアニストになりたい、と言われたら困る。

例3:サッカーを習わせていて、面白くなり上手になり始める

勉強の妨げになる。
将来サッカー選手になりたい、と本気で言われたら困る。

どうですか、態度や発言で、良かれと思ってやっていませんか。

これは、ダブルバインド=二重拘束、と言って、人間のメンタルを破壊する、やってはいけない禁じ手です。

A:ピアノ練習しなさい、せっかく習っているんだから。

B:いつまでピアノ弾いてるの、ピアニストになるんじゃないんだから、勉強しなさい。

子どもは、Aをやろうが、B をやろうが、どっちにしても怒られます。しかも、信頼している大好きな親から、家庭という逃げられない環境下でこれをやられると、

子どもの心に低い自己肯定感という一生涯の傷を残します。

小さな得意が大きく伸びる

話が逸れましたが、

得意、つまり、本気で上手いもの、

プラス

プレゼン力=自信。

スポーツ万能でなくても、
学校トップの成績でなくても、

自分だけの小さな得意を止めないでやり続ければ、

10年後には大きな得意になって返ってきます。

え?10年待てない?
10年後に自分の得意が時代に乗っているか不安?

大丈夫、
一つ得意ができれば、得意の作り方そのものがマスターできているから、

その時代にあったサービスを副次的に考えられます。

小さな得意で、前進あるのみ!

私も得意の「子どもたちに最初から高度な英語を教える」更に伸ばします!

がんばりましょう!

得意分野をガンガン伸ばす方法はこの本に:
廣津留真理の翻訳本

あなたの強みを生かす4つのルール 今いる場所で突き抜けろ!(ダイヤモンド社) 

テスト成績以外の様々な活動を見つけて伸ばす方法はこの本に:
『世界のトップ1%に育てる親の習慣ベスト45』(廣津留真理著、幻冬舎) 

ちなみに、ピアノはピアニストになるつもりで、サッカーはサッカー選手になるつもりで練習するのがベストです!
なるならないは、職業選択の問題、スキルアップとは別物です。

廣津留真理でした。

双方向ライブストリーム授業で、ドンドン飛び級のディリーゴ英語教室では、5月6月新クラス生徒募集中です!

ディリーゴ英語教室

株式会社 Dirigo 代表取締役
一般社団法人 Summer in JAPAN代表理事兼 CEO
無料Youtube チャンネル登録はこちら そ
無料メルマガ登録はこちら 

  1. 20年5月6月新クラス受付中、双方向オンラインクラスも同時募集中 
    年長から高校生まで、作文・スピーチも大得意になる新しい英語4技能レッスンを1から指導!英語未経験大歓迎!予習がグングン進む先取り授業を講師と楽しく。
    ※定員になり次第締め切りとさせていただきます。ご了承ください。
  2. 20年5月6月既存クラス生徒募集中(大分校) 
    小学生で英検2級・準2級、中高生で準1級を当たり前に!5級から1級まで小中高無学年制クラス。ハーバード大、東大、医学部まで実績多数。
  3. 【毎週1回通学】大人の英語クラス 大分校・オンライン 
    旅行、仕事、子育て、移住、人生100年を豊かに!今始める、継続する、一生モノの英語を。
  4. ドンドンイングリッシュ動画コース(オンライン/半年間) 
    おうちで、いつでも、パパママと一緒に。小中5年間分の英語を1冊にまとめたひろつる式ドリル”ドンドンイングリッシュを使ったオンライン講座。どの英語教室よりも早く英検5級英語が読めます!
  5. ハーバード大生が講師陣のサマースクールSIJ(7日間)  
    講師になりたい!とハーバード生が100名も応募してくるスクールはここだけ!8年目の安心感。
    担任制で楽しく有意義に学べます。全世界の小中高生、集合!
  6. 廣津留真理個人レッスン (オンライン/1年間) 
    英語ゼロから1年で英検2級が続出!子育ての先輩廣津留真理のアドバイスに親も心強い!大人気コースです、継続ご希望の方はお早めにメールを。
  7. ハーバード大卒業生個人作文レッスン(オンライン/半年間) 
    英検作文、国内難関大海外大、の2コース!3級に挑戦したい方から受験生まで網羅。大人気コースです、継続ご希望の方はお早めにメールを。

廣津留すみれの新刊 
世界トップに学べ!ハーバード流で最高のパフォーマンスを引き出す!~受験や仕事に即役立つ59のルール~

<内容紹介>
「こんなの絶対無理!」と思うような高難度の宿題を毎晩大量にこなし、自分の限界を乗り越えてきた著者が、世界屈指の頭脳が集まるトップ校で揉まれに揉まれて身につけた世界最高の「考える力」は、これから本格的に訪れる残酷な時代に打ち勝つ最強の武器になる!