Home » ひろつるメソッド

ひろつるメソッドとは

ひろつるメソッドとは、廣津留真理が考案した英語学習法です。

その特徴は以下の通りです。

ひろつるメソッド基本中の基本

子どもには毎日毎秒120%の愛情をもって接する

2つの愛情
①アンコンディショナル・ラブ(どんなときも何があってもあなたの味方です)
②フル・アテンション(いつもあなたを見守っているから安心してください)

  • 勉強を習慣化する
  • 難しいことから先にやる
  • 土日は好きなことをする
  • 褒めて褒めて褒めまくる

日々の学習

ひろつるメソッドのやり方


【初心者が勉強を習慣化するには】

① 音読から始めて、1日5分の継続でで英語学習を習慣化

② 問題は解かないで丸暗記する

③ 飽きる1分前にやめる

④ 小さな達成感で成功体験を積み重ねる

【難しいことから先にやる】

① 子どもには先にゴール(到達点)を見せる

親は自分の子供時代を含めると、我が子の子育ては2回目の子ども体験になります。自分が1度失敗したことの原因がよくわかっているはず。

たとえば、英語はグローバル時代に必須のスキルだと親御さんが知っていれば早いうちに実際に役立つ英語4技能を身につけてもらおうと心から思います。

大半の親世代は中高で英語を6年間やりました、さらに大学でもやりました。ですが仕事に使えるくらい喋れて書けていないのはなぜなのか。

和訳と文法中心の英語指導法がまずかったのもありますが、そもそも英語は年齢が上がるにつれて勝手にうまくなるようなものではないからです。
英語の論理性や世界語としての大切さに気づいて継続して学習している人しかできないのです。

気づかない人は一生できないのです。親子で気づいて始めましょう!

親は子に先にゴールを見せます。ABCの書き取りをやりなさい、ではないのです。

英語ができたらどんな未来が描けますか。ここからスタートです。

そして、難しいことから先にやりましょう。

ボキャブラリーの豊かさ、言語化能力はその子のその後の人脈やキャリアに大きくかかわってきます。どんな人と将来関わりあってどんな社会をつくりたいですか。

人は、たとえ何語を話していても、同じレベルの語彙を使う人と最も仲良くなります。たくさん単語を覚えて使いこなしましょう。

② 常識を疑いムダを一切排除する

初心者に
・文法
・歌、ゲーム
・和訳
・ローマ字
などは全てムダです。
はじめからどんどん単語を覚えて、難しい長文を音読して、読解します。
子どもにはそれがちっとも「難しくない」のです。大人が自分の体験とバイアスから英語は難しいと決めつけているだけなのです。

③ 長期・中期・短期目標を立てる
長期:得意分野で社会の役に立つ

中期:3年以内に有名なバイオリンコンチェルトを全てマスターする
   5年後に海外トップ大学に入学してテロメアの研究をする
   高校卒業までに起業する
   中学卒業までにダンスの舞台に立つ
   子ども向け語学アプリを作って販売する 

短期:今年の英検に合格する
   作文コンクールに入賞する
   サッカーチームを地区大会で1位に導く
   おばあちゃんに自作の絵をプレゼントする
   夏に蛍の観察をして英語で記録する

【土日は好きなことをする】


① 人と違う、オンリーワンの得意分野を早期発見できる

② 好きなことを喜んでやっているうちに地道な努力が身に付く

③ ニューノーマル時代は、自分の頭で考えて自分の得意を生かしてサバイバル

④ 学校・塾・自習で同じ内容を何回もする時代は終了!
リーダーシップ・コミュニティ作り・スポーツ・芸術・音楽・教養・ボランティア・社会との関わり・最新スキル習得、などワクワクがいっぱい。

子どもだって輝く土日の活動を手に入れられる

【褒めて褒めて褒めまくる】

① 小さなタスクが終わる度に褒める
・スキンシップ法: よくできたね、とハグする。頭を撫でる。
・具体的に褒める:大きな声で読めたね。笑顔でできたね。昨日より早くなったね。

② 加点方式で育てる
・悪いところを探してけなすのが指導、そんな時代は終わりました。
できるところを見つけて褒めて伸ばします。
・コップに半分入った水をみて、「半分しかない!しかめ面」ではなく「半分もある!笑顔」何事もこれでいきます。

③ だれだってほめられると嬉しい
・自分がされていやなことは子どもにしない
「まだ宿題やってないの」「ぐずぐずしないで」「またさぼってる」
どうですか、これを大人の仕事に置き換えて考えると、とってもいやな気分ですね。いますぐやめましょう。
・子どもは人生経験が少ないので傷つきやすい
大人は軽口のつもりでも、子どもには大きな視点から物事を見る習慣がまだついていません。言い方には注意して、思っていることの60%程度にとどめましょう。

親も常にアップデートする
一生勉強の時代に突入しました。親御さんも常にご自身を磨いて、新しい情報・スキルを手に入れ、ステキな大人としてお子さまのロールモデルになりましょう。相互作用でお子さまも親も輝く笑顔の好循環が生まれます。