【最強の自由】教育・住まい・仕事をもっと幸せにする方法

2020/5/18 NEWS

cover

こんにちは、廣津留真理です。

〜自分自身の道を歩いて迷っている子どもや青年の方が、他人の道を正しく歩いている人々より、私には好ましい。〜(ゲーテ)

新型コロナ禍で、あらゆる国で様々な旧式システムが露呈して、
反省と修正と新規展開を促されています。チャンスですね。

「こうしないとだめ」これまでの常識を一度外して、

生産性があがる、
付加価値を生みだす、
個人の自由裁量が増える、
社会をグローバリゼーションとローカリゼーションで俯瞰する、

こんな新たな仕組みがあらゆる分野で求められています。

素晴らしいことです!
ただし、そこには、責任と自覚を持った断固たる「決意」が必要。

自分で決める、
自分で責任を持つ、

ようやく日本にも、責任をともなう自由、という選択肢が出来ました!

さあ、これを、いますぐ、

教育、住まい、仕事に取り入れましょう。

人生、経験的にやっていて損なことは何もないですから、たとえ失敗しても。

教育の真の「平等」とは

日本式の「平等」=皆が一律に同じことをする、では、

かえって格差が広がる上にリーダーを育てられないことは明白。

このままでは、あと数年で、

世界に出てグローバル標準の教育を受けた途上国の若者の下で、

勤勉と努力で指示された事を上手にこなす日本人の若者が仕えて、安く働く構造になります。

それでいいんですか!!

ドイツの大作家、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが良いことを言っています。

青年は教えられるより、刺激されることを欲する。
「詩と真実」第二部第八巻から)
 

そうだそうだ!

子どもは大人より、ある意味、えらいんです。
(過去のブログ「世の中断然、若いほうがえらい、子どものほうが賢い!」)

もう1つ、

およそ能力というものは、どんなささいなものでも、われわれに生まれついているものであって、あらかじめ定められていない能力などというものはない。ただわれわれのあいまいな散漫な教育が人間をあやふやにする。そんな教育は本能を活気づけ、ほんとの素質を助長する代わりに、常に求めてやまない本性とは一致しないような事がらに、努力を向けさせる。

 

自分自身の道を歩いて迷っている子どもや青年の方が、他人の道を正しく歩いている人々より、私には好ましい。前者は自分の力か、あるいは他人の指導によって、自分の性質にかなった正しい道を見出みいだすと、決してその道を離れることがない。これに反し、後者は他から加えられたくびきを振り落として、無制限な自由に身をまかせる危険にたえずさらされている。
「ヴィルヘルム・マイスターの修業時代」第八巻第三章から 

その通り、

みなに同じことを強要するのは真の平等じゃない!
同じことが出来ない子に劣等感や隷属根性を生み出す危険がいっぱい!
違って良いんです。

セカンドハウスの勧め

次に、住まいです。

私がインスタでフォローしていた皆さんが、今回のコロナで

田舎の素敵なセカンド(またはサード)ハウスに移動して、

毎日、

乗馬

ガーデニング

ケーキやパン作り

読書

コロナボランティア

にいそしむ姿を、

日本は大分県の我が家からボ〜ッと見ていました。
これなら自粛しても何の問題も無いです!

仕事はリモート、
ソーシャルディスタンスは数キロにわたって誰もいない、
運動は乗馬や水泳、複数飼っている大型犬とお散歩、
畑に野菜と農場に家畜、

すごいですね。

こんな感じ、


(イギリス、2019年 廣津留真理撮影)

私もがんばって近所でランニングしてみました。


大分も、走っても半径1キロに誰もいないです。


狭いながらも庭にはさくらんぼが熟れています。

仕事がリモートでできるなら、

大分県のように、

畑や農場が近くにあり、
家賃があり得ないくらい安くて、

教育も、弊社ディリーゴみたいな小学生が大学入試問題をやる英語教育があったり、

夏にはハーバード生が英語で教えるサマースクールSIJが開講していたりするのであれば、

引っ越すのもありですね。

人は、一生定住する固定観念に囚われると動けないですが、

その時の状況や必要性に応じて居住地を変える自由が元々あります。
大人になるとだんだん頭が頑なになって、柔軟性が失われるので要注意。

大分県、

お魚、野菜、豊後牛、
ソーシャルディスタンスOK
教育費 OKです。
おすすめします笑!

何と引き換えに自由を手に入れるか

ここでも、ゲーテ先生から一言。

人は一生のうちにしばしば述懐する。色々なことに手を出すのを避けなければならない、特に、年をとればとるほど新しい仕事につくことを避けなければならない、と。

だが、そんなことを言ったって、自他を戒めたって、だめだ。年をとるということが既に、新しい仕事につくことなのだ。すべての事情は変わって行く。われわれは活動することを全然やめるか、進んで自覚をもって、新しい役割を引受けるか、どちらかを選ぶほかない。  (「格言と反省」から)

仕事の自由裁量の話はまた次回!

5年分の英語が15時間で身につく「ひろつる式」英語ドリル
1日5分で身につく!小学生の英語(ナツメ社、廣津留真理著)

5月18日、本日発売です!
授業の遅れが気になる、
子どもに手っ取り早く英語を身につけさせたい、

そんなご家庭にぴったりです。
やり方は漫画で楽しく解説、
薄いのですぐ終わるドリルで実力がつきます!

日本初!?オンラインのサマースクールSummer in JAPANは、
ハーバード生12名がつきっきりで英語で楽しく授業!
部活あり、コンサートあり、自習室あり、
ハーバードの優秀なお兄さんお姉さんと仲良くなること間違いなし!
青年は教えられるより、刺激されることを欲する。

ぜひご参加ください。

ゲーテ先生の格言はこちらで読めます:
日本ペンクラブ 電子文藝館

廣津留真理でした。
株式会社 Dirigo 代表取締役
一般社団法人 Summer in JAPAN代表理事兼 CEO
無料Youtube チャンネル登録はこちら
無料メルマガ登録はこちら

「1日5分で身につく!小学生の英語」(廣津留真理著、ナツメ社)

オンラインコース:2020年5、6月新規クラス生徒募集中
小学生から高校生まで、全国の子どもたちが学んでいます。
中学生が英検1級、小学生が英検2級、難関大学合格続々!

双方向ライブストリーム授業で、ドンドン飛び級のディリーゴ英語教室では、5月6月新クラス生徒募集中です!

ディリーゴ英語教室

SIJ 受講生募集ページ

  1. 20年5月6月新クラス受付中、双方向オンラインクラスも同時募集中
    年長から高校生まで、作文・スピーチも大得意になる新しい英語4技能レッスンを1から指導!英語未経験大歓迎!予習がグングン進む先取り授業を講師と楽しく。
    小学生が大学入試英語がわかる授業です。
  2. 20年5月6月既存クラス生徒募集中(大分校)
    小学生で英検2級・準2級、中高生で準1級を当たり前に!5級から1級まで小中高無学年制クラス。ハーバード大、東大、医学部まで実績多数。
  3. 【毎週1回通学】大人の英語クラス 大分校・オンライン
    旅行、仕事、子育て、移住、人生100年を豊かに!今始める、継続する、一生モノの英語を。
  4. ドンドンイングリッシュ動画コース(オンライン/半年間)
    おうちで、いつでも、パパママと一緒に。小中5年間分の英語を1冊にまとめたひろつる式ドリル”ドンドンイングリッシュを使ったオンライン講座。どの英語教室よりも早く英検5級英語が読めます!
  5. ハーバード大生が講師陣のサマースクールSIJ(オンライン9日間)
    講師になりたい!とハーバード生が100名も応募してくるスクールはここだけ!8年目の安心感。少人数で楽しく有意義に学べます。全世界の小中高生、集合!
  6. 廣津留真理個人レッスン (オンライン/1年間)
    英語ゼロから1年で英検2級が続出!子育ての先輩廣津留真理のアドバイスに親も心強い!大人気コースです、継続ご希望の方はお早めにメールを。
  7. ハーバード大卒業生個人作文レッスン(オンライン/半年間)
    英検作文、国内難関大海外大、の2コース!3級に挑戦したい方から受験生まで網羅。大人気コースです、継続ご希望の方はお早めにメールを。

廣津留すみれの新刊
世界トップに学べ!ハーバード流で最高のパフォーマンスを引き出す!~受験や仕事に即役立つ59のルール~

<内容紹介>
「こんなの絶対無理!」と思うような高難度の宿題を毎晩大量にこなし、自分の限界を乗り越えてきた著者が、世界屈指の頭脳が集まるトップ校で揉まれに揉まれて身につけた世界最高の「考える力」は、これから本格的に訪れる残酷な時代に打ち勝つ最強の武器になる!