共に未来を輝いて生きる!ハーバード生が教えるサマースクールSIJはこう活用する

一般社団法人 Summer in JAPAN設立者・代表理事・総合プロデューサー、
ブルーマーブル英語教室主宰の廣津留真理です。

 

今年2018年で6年目となる、
ハーバード生が教えるサマースクール Summer in JAPAN(SIJ 開催地 大分市)は昨日1月8日に受付を開始、

直後から全国、世界から小中高生の応募が殺到しています。
みなさまのご支持ご支援、誠にありがとうございます。

 

SIJの設立者・全体カリキュラム作成者としてみなさまにお話とお願いがございます。

 

現在大分市に住んでいる私が、
世の中の流れの変化に気づいたのは、2008年頃でした。

 

娘のすみれ(ハーバード大学2016年卒、現在ジュリアード音楽院修士課程2年)は1993年生まれ。

2000年、小学校入学、
2009年、高校入学
2012年、大学入学
2016年、4年制のハーバード大学を卒業しました。


バラク・オバマがアメリカ大統領に選ばれたのが2008年、
娘が facebookを始めたのが2009年、
パソコンからスマホにと人々が切り替え始めたのもこの頃です。

 

グローバリゼーションという言葉が一般に流行り始め、

トマス・フリードマンの The world is flat フラット化する世界(2005)や、
ジェフリーサックスの  Common wealth地球全体を幸福にする経済学(2008)がよく読まれていました。

 

アラブの春(中東における市民による民主化運動)が2010年、
現在、いわゆる難民、帰る国のない人々は世界で6560万人に登ります。

さらに、
移民問題、
気候変動、
財政危機
LGBTや差別問題も明るみにでてきました。

 

2012年に私がSummer in JAPANを設立したのは、

このような国を超えた問題意識を、
若い世代に共有してもらい、
共に語りあい、成長し、

次世代を創ってほしかったからです。

 

 

世界には、自国だけではかかえきれない問題が山積みになっているようで、
人々の心は今、未来への期待と不安の2つに分かれています。

国とは何か、
どこでどう生きるべきか、

どうしたら幸福になれるのか、
近未来をサバイブできる富を得る最適の手段とは何か、

子どもたちの未来を大人世代は保証できるのか、
何を次世代に託せるのか、

AIにとって代われる職業、
自動運転やベーシックインカム、寿命やアンチエイジングなどの身近な生活の話から、

よりグローバルなトレードや仮想通貨、
宇宙開発や戦争、紛争まで、

希望を持つ人は、
ビジネスチャンスと捉える人・イノベーションを起こして未来を作ろうとする人、

不安でいっぱいになり何も選択できない人は、
ただ現状にとどまっているだけの人。

あなたのお子さんは、もちろん前者でありたいはずです。

Summer in JAPANは、このような社会の変化に対応するお子さまを育むべく、
ボランティアで活動している非営利教育団体です。

2008年から10年が経ち、

2020年教育改革などもあり、
誠に僭越ながら、
ようやく私が信じてきた教育のかたちが見えてきた、

そんな気がしています。

さて、受講生の小中高生のみなさんに私から1つ、大切なお願いがあります。

6年間、SIJのカリキュラムやプログラムを作り続ける中で、

これだけはやってほしいことです。

10倍の競争を勝ち抜いて来日するハーバード大学生が先生となって教える7日間の授業の中で、

小中高の受講生のみなさんも、また、「ハーバード大学生の先生」なのです!

年齢も国籍も学力も体力も何も関係ありません。
わからないことを解決するために、みんなが集まるのですから。

お互いがお互いの知らないことをシェアして問題解決を図る目的で、私はSIJをつくりました。

わからないところや疑問点、おかしいとおもうところは、

自分から、

だれに遠慮することなく、

本気で、

ハーバード生にぶつかってください。

私も各教室を巡回していますので、

なんでもきいてください。

私がハーバード生を講師陣に招いている理由は、

彼らの、

 

マナーはあるけれど知的好奇心に関しては遠慮がなく、
効率を重視し、
疑問を解決するために率直に話し、
相手の意見も尊重する、

そんなキャラを心から愛しているからです。

受講生のみなさんの、

キラキラした目と、
楽しく英語で発表する姿も

大好きです!!!

受け身であることは、一切禁止です(笑)!

先生が指示するまで待つ、
講師や大人のリードをただ期待して待つ、
空気を読みすぎて何も発言しない、
わかってくれないのは相手が悪い、
などなど。

自分で何かを発しない限り、
相手には全く伝わりません。
さて、どうやって英語で伝えれば、
相手の心に響くのか。

 

子どもたちにこの最難関コミュ力を知ってもらうために、

私は、

自分の住む町である大分市に、ハーバード大学から学生を招き、受講生を集め、
無償で6年間も働き続けているのですから。

ディベートやディスカッションの授業よりも直接的で、
効果抜群の環境です。

さあ、今年の夏も、

 Summer in JAPAN 2018で、

あつい7日間をエンジョイしましょう!!

私も、若いみなさんに負けないように、

今年もがんばります!

 

受講生には、クラス分けのためのプレースメントテストが課されます。
その課題の一つ、エッセイの書き方は、

「世界のトップ1%に育てる親の習慣ベスト 45」(7月26日 幻冬舎刊)

私の本、に詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

8月までに英検3級レベルになって、受講生になりたい!
そんなお子さまは、

あっというまに3級レベルに到達するメソッド満載の、

英語で一流を育てる 小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める(廣津留真理著 ダイヤモンド社 5月24日発売)

こちらを参考にしてください。
動画付きでだれでも自習できますよ。

 

 Summer in JAPANは現在、小中高生の受講生を募集中です。
毎年、世界中から子どもたちが集まります。
満席になり次第、締め切りになりますので、どうぞお早めに。

 

6年目を無事にむかえられたのは、
ご支援くださるみなさまのおかげです、
本当にありがとうございます。

引き続きみなさまのご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

by 廣津留 真理

(一般社団法人 Summer in JAPAN代表理事、ブルーマーブル英語教室主宰)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

廣津留真理訳・まえがきの衝撃本:将来、好きなことで稼げる人になる!小さな頃からでも、今からでも間に合う、あなたの強みを生かす4つのルール「今いる場所で突き抜けろ!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

早くも第6刷!英語で一流を育てる 小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める(廣津留真理著 ダイヤモンド社 5月24日発売)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

7月の最新刊、7月の最新刊「世界のトップ1%に育てる親の習慣ベスト 45」(7月26日 幻冬舎刊)
親の教育理念、コンサル力が問われる時代。問題をスイスイ解決できる「肉食系の子ども」の育て方!これからの入試・英検・ TOEFLに完全対応〜英作文の極意も伝授!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

家庭学習全般のやり方はこちらの本をご参照ください!これで万全、2020年の家庭学習!
世界に通用する一流の育て方 地方公立校から<塾なしで>ハーバードに現役合格
廣津留真理 著 絶賛発売中

書影

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
無料動画で3分ビデオ英語学習!

ハーバードに学べ!英語プレゼンテーションがぐんぐん上達する9つのスキル

英語4技能がすぐに身につく、話題の「シャドーイング」って何?第10話

 

ホームパーティー part2 音楽好きな子に育てる 廣津留真理チャンネル第9話

 

ホームパーティーを気軽にひらこう part1 料理編

 

目からウロコ!1冊で3度楽しめる英語絵本の使い方

 

『世界共通のコミュ力「かわいげ」はいますぐ子どもに教えましょう』の動画はこちら:
「かわいげ」は世界トップが大切にする基本コミュ力

 

SIJハーバード生が挑戦!お題「3分で準備して自由に発表してください

 

バード生2名が伝授!笑顔の効果的な使い方

 

 

とてもわかりやすい夏休みの作文の書き方4分動画はこちら:
自分しか知らない体験のすごさ〜英語で一流を育てるシリーズ2Mari Hirotsuru

アマゾンで「英語で一流を育てる」を購入

ブルーマーブル英語教室

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Dirigo ブルーマーブル英語教室
お問い合わせはこちらまで:無料体験レッスンお申し込み・お問い合わせ

 

ダイヤモンドオンライン連載!廣津留真理の英語と子育て記事「英語で一流を育てる」記事一覧はこちら:英語で一流


第1回 英語ミニマリスト宣言!文法・和訳・書き取りの3つを断捨離したら小学生でも大学入試レベルが読める!
第2回 語学は教科書では習得できない!だから2歳から家庭で「〇〇〇〇」
第3回 子どもに英語を ABCから教えても上達しない理由
第4回    1歳の娘を置いてパリに逃げた私の本意とは?
第5回  親も子も1日5分「〇〇」するだけで英語リスニングとスピーキング両方が上達する一石二鳥トレーニング!
第6回 「まさか」を「すごい」に変える「奇跡の英語勉強法」をご存知でしたか?

44回 世界のエリートが最も子どもに教えたいのは「かわいげ」だった!
45回 親よりずっと賢い子に育てるたった1つの方法
46回 誰も教えてくれなかった「佐伯チズ式美肌作り」と「英語学習」の意外な共通点
47回 驚嘆!英語未経験児童が公開レッスン60分後に中3の英文が読めていた理由
48回 ハーバード生が講師のサマースクールを大分県に作ったら、スタンフォード生もジュリアード音楽院生もみんなやってきた理由
50回 英語力もプレゼン力もつく!誰も教えてくれなかった1冊で3度楽しめる英語絵本の使い方

Posted in お知らせ, ブログ, メールマガジン, 子育て応援日記